2014/01/12

パワースポット 7thシングル「消えちゃえよ」リリースイベント(2014/01/12 ゲスト:ねがいごと,滝口成美) @ 秋葉原アソビットシティ


パワースポット 7thシングル「消えちゃえよ」リリースイベント最終日があったので行ってきました。場所は秋葉原アソビットシティ。



どうだったか

パワースポット 7thシングル「消えちゃえよ」はバラード寄りのナンバーで、詞にあった切ない表情でパフォーマンスするパワースポットが見られる。ジャケットは同じだが、盤面は各メンバーがソロで写っているので収集するのも楽しいかも?!
まだ記事を書けてないのだが、パワースポットのリリースイベントがこの日を最後に、1週間近くアソビットシティなどで行われていて、初日(2014/01/07 ゲスト:イニーミニーマニーモー)にも足を運んだ。

その日に既にCDを購入していたのだが、特典のくじ引きが面白いこともあり、もう1枚この日購入した。

初日の特典は1枚購入でくじ1回、2枚購入でくじ×2、もしくは以前のワンマンライブなどで披露したパワースポットメンバーから派生したスピンオフユニット(?)のオリジナル曲を収録したCD-Rがもらえるとのことで、初日は釜堀まゆ&樹りか&及川真夢による「chu chu Baby」が入ったCD-Rをゲットしたのでクジは引かなかった。

この日、くじ引いたら、1回だけなのだが、及川真夢から手紙がもらえる権利を引き当ててしまった(笑)。

後に握手の際に「ちゃんまゆ、いざ手紙となっても、あんま俺のことわかってないっしょ?」と聞いたら、やはりあまりわかってはいないようだった(笑)。果たしてどんな手紙が来るのか、楽しみです!

さて、この日のライブの様子だが、お客さんはパンパンで満員御礼の入場規制となっていたようだ。着座してライブが見たかったので(途中、ねがいごとがゲストの日に立ち寄ろうとしたら入場規制で入れなかったことも含めて)かなり早い時間帯から整列して、良い位置に座って観覧できて良かった。


ゲストは滝口成美&ねがいごと。

ねがいごとは現在受験前ということで萩野聖がお休み、星野/永井/宮/宮城/安西の5人編成。前リーダーのゆりやんが抜けてから何気に全然見れてなかったので偉い久しぶりだった。

セットリストは「頑張れ頑張れ」「天使の傷」の2曲。やはりふんわりした動きで、激しい動きのまりまりと対比が面白かったゆりやんが抜けたことの寂しさはあったものの、刈り上げが板についてきたはるるんの躍動感、毎日かわいさをじわじわ更新し続けるゆかぴなどなど、見所は満載で良かったでした。

“なるる”は「薔薇の中のひまわり」「100%以上超えて」の2曲。年末に平和島ボートレースでも見たりと、そんなに空いてなかったこともあり久しぶり感はなかったのだが、この日もぴしっとした芯のある歌声を響かせていて良かった。日常生活において「100%!」と叫ぶことはそうない。一度ぐらい叫んでみたい!とちょろっとでも思った人は、ぜひなるるのライブに足を運ぼう!(何)

最後、パワースポット。満員御礼札を手にみっぽが登場。冒頭に丁寧にリリースイベントのお礼を述べて「僕を惑わす風のにおい」「夜中の三時」「消えちゃえよ」の3曲を演じ、はけてからアンコールに応えて「リセットボタン」を披露。計4曲見れて良かった。

「僕を惑わす風のにおい」は新譜「消えちゃえよ」のカップリングとして収録されており、この日個人的に初めて見たのだが、メンバーのソロパート+バックグラウンドに回る振り付けがめくるめく展開され、最後には数名の指のわっかで作られた花のポーズでフィニッシュというユニークな振り付けに唸った。

イニーミニーマニーモー feat.少女タコサム「アンポンタンプンチンプンカンプン」Live映像
後に、少女タコサムによる振り付けだと聞いて納得。タコサムワークスはイニミニの「アンポンタンプンチンプンカンプン」で親しんでいる程度で、彼女?自身をお目にかかったことはないのだが、ブリッジしたまま客席に下りてきたりと強烈な動きをする人と言うのは聞いており、“アイドルの振り付け”の概念に縛られないユニークな振り付けをしているのだなと思っていたので、改めて面白い振り付けが見られて良かった。

今回のリリイベを通して、以前握手に行った際に、寺島紀世ちゃんが自分撮りをアップする際に目がぱっちしていたので、勝手に整形疑惑を唱えてたのを“まゆん”に見られていたらしく、きよちゃんから「あ、この人?!」と、若干敵視されていたのだが、全く以ってそんなことはなかったし(普段は一重っぽい感じだが、たまに二重になるのがきよちゃん)改めて何度か握手してコミュニケートしなおしができたきがするので、とても有意義だった(笑)。

体の線が細いまゆん、衣装のスカートが回っちゃうらしく、初日の握手会前に人とスカート回っちゃうんやねーみたいな話をしていたのを見られてて、握手会時に「変態ー!」と痴漢みたいな扱いを受けたのですが、そんな実直な釜堀まゆさんは改めて素敵な女の子だなと実感(笑)。

逆に、デリカシーを失った状態がどういうものかというのも彼女から教わりました。学ぶことたくさん!

最初と最後だけしか足を運んでないのだが、みっちりリリースイベント頑張ってたのをツイッターなどでも様子を伺っていたので、なんか見ごたえのある公演が見れて良かった。

そんな充実したイベントだったにも関わらず、最後に関わってたスタッフやファンに感謝の弁を述べている時、みっぽ「スタッフさんとかも、“ちまちま”働いてくれて」と言葉のチョイスを何箇所か誤って台無しにしてたのが面白かった(笑)。きりっと決めようとしても決まらないみっぽのドジっ子感も面白いものです。

目標はオリコンインディーズチャート1位だったそうだが、結果として1位はゴールデンボンバーだったみたいで、そこは超えられないだろと思ったのだが、大健闘の4位を獲得。彼女たちよりもキャリアの長いグループなどと名前を並べられたことは立派な記録なのではないだろうか。

バラード系の曲から2014年スタートというのがどうなのかな?とも思ったのだが、メンバーの結束力も高まり、良いユニットだなと改めて見る都度思うので、レパートリーを豊富にしていきつつで今年も楽しませていただければなと思うところです。4位おめでとう!パワスポ!

2 件のコメント:

milano6440 さんのコメント...

みっぽ←その他にも、スタッフさんについて、夜も寝られないで昼に寝て…(x_x)
という発言もありましたね!あの子、面白かったです。

milano6440 さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。